GaRiYa Essay

Dr.田原のおじゃまクリニック vol.18 (通刊vol.308)

0

    二十代にもリフト流行。大顔が小顔になるという理由からです。

     

    遅刻対策に二重の手術?

     

    G 先日はありがとうございました。(友人の娘の二重の手術)とっても喜んでます!
    田原 よかったね〜。
    G 出てくるなり「いい男つかまえよっ♪」なんてジョーク飛ばして。
    田原 自信ついたっちゃろ。 
    G そうなんです。「明るくなって欲しい、遅刻しないで欲しい」って、母親は祈るような気持ちでしたから。
    田原 明るうなるとはわかるばってん、なし遅刻ね?
    G 二重をつくるメイクに時間がかっていたらしくて…社会人になったら、そうはいきませんでしょ。
    田原 そらいかんね。
    G 寝坊してもこれからはスッピンで飛び出せます。
    田原 うん、「メイクが薄うなった」やら、よう聞くけんね。
    G まっすぐ帰宅すると思っていたら一人でキャナルの方に消えてしまったのはビックリでした。でもあれだけナチュラルなら(縫合糸は二重に折込まれて目立たない)、ショッピングって気分にもなりますね。
    田原 いや、あれでも少しは腫れとうとよ、麻酔やらしたけんね。三日もすれば本当にナチュラルになる。

     

    埋没法の注意点

     

    G しかしこの手術って、やり直しでしょ?埋没法を二度も受けたなんて…よっぽど戻りやすいタイプ?
    田原 たるんだ目、腫れぼったい目は戻りやすいと。戻らんと思っとってもいきなり戻るけんね。
    G いきなり戻る?
    田原 「結婚式の日に戻った」とか」「出産したら戻った」とか。
    G どうして?
    田原 埋没法いうとは皮膚(折り曲げたい箇所の裏側)と眼瞼挙筋(瞼を引上げる筋肉)に糸ばひっかけて、開けるたんび皮膚ば引っぱり上がるごと結んどうったい。やけん、ほつれやすいと。
    G ボタンの糸がほつれて取れちゃうみたいな?
    田原 いや、ボタンのごと糸ば貫通できんったい。表に糸の出らんごと皮膚の裏にチョコッとひっかけとうだけやもん。やけん外れやすいと。
    G 外れて、一重に戻る?
    田原 うん…外れるだけならよかっちゃけどね。糸が塊になって残ってしまうけん、ますます二重になりにくうなると。そげな糸が何本も入っとった。
    G 何本、入ってたんですか?
    田原 片目に7〜8本。
    G それを取り出したんですか?
    田原 そげんたい。癒着しとうし、毛細血管が周りにいっぱい来とうし。
    G たいへんそう…。 
    田原 この人のケースはまだよかったとよ、糸が曲がったままやったけんね。極端な例やけど、結び目が裏に飛び出しとったら角膜まで傷つけるけんね。眼科の先生から「糸が出とうばい」て言われて来た人もけっこうおる。

     

    手術理解への三段階

     

    G 気軽なプチ整形ですけど、ディメリットもあるんですね。
    田原 そげんたい…ところで、ここんとこリフト手術がやたら多いとよ。「やっぱ、ちゃんとした手術せな」ていうとがわかってきたごた。ま、それにも段階があるっちゃけどね。
    G どんな段階?
    田原 【切らんでリフトできる】いうとを2〜3回して、ひどい人は5回くらいして、やっと「ダメ」てわかる人。一回しただけで「ダメ」てわかる人。せんでも「ダメ」ってわかる人。
    G 三段階?
    田原 うん。「たるんだ皮膚は切って引っぱらなダメ」てわかるとの三段階たい。糸やら入れても皮膚自体の長さは短うならんやないか。
    G 切り取れば、短くなりますね。
    田原 うん。それがわかってきて、最近は若い人までリフトするごとなったと。今月も、もう二十代のリフトが三人。
    G まだたるんでないでしょ?
    田原 目的が違うと。
    G ナニ目的?
    田原 小顔目的。下ぶくれにしたっちゃ、やっぱ皮膚が長いったい。やけんリフトでピシャッて引き上げて、皮膚ば短うすると。
    G ほう…リフトで小顔。
    田原 そげんたい。目鼻立ちが小さいとか、ほっぺが大きいとか、顔が縦長いとか。そげんとはやっぱ大顔にみえるけんね。
    G 熟女の園に、ワカモノ乱入。
    田原 ま、そげんたい。リクルート整形の時期にリフトが多かったけん、俺もびっくりやったと。若いこは隠さんで友達に言うてしまうけん、それで広がりよっちゃろね。

     

    田原のカミングアウト

     

    田原 リフトしたら「自分がどげんなるか」ていうイメージは簡単やもん。「こげんなればよかろうね」て鏡の前で手で引き上げるやん。これが短うした状態たい。
    G なるほど、わかりやすい!
    田原 手術が半分終った時点で御手洗い休憩ばとってもらうっちゃけど、鏡見たらそげんなっとうけん、その時点で感動しんしゃあと。安心して後の半分はイビキかいて寝とう。
    G 残る心配は…傷?
    田原 あ、傷のほうも安心してもらいようよ。ココ、隼(田原ジュニア)にしてもらったっちゃけどね…わからんめ?(耳の横を見せる)
    G 先生!リフトしたんですか!?
    田原 うん、気のつかんやったろ?


    三匹の仔猫たち Vol.18(通算Vol.309)〜マイ スウィートライフ ウィズ キャッツ〜

    0

      仔猫の成長って、早いですね。
      「かわい〜」
      と目を細めるだけだった私が、最近では
      「暴れなさんな!」
      「走りなさんな!」
      「早く寝なさ〜い!」
      なんて、怒鳴ったりしてるんですから。
      もちろん、笑ったり感心したり共感したりビックリしたり、時には尊敬したりもしています。


      さて、これは【感心したり】の一例です
      なんと、ゴミにまで命を吹き込みます!
      たとえばテーブルから、レシートを落としたとします、パラリ…
      するとたちどころにその小さな紙切れが、サッカーボールに大変身!
      キック&ラン、キック&ラン…
      なんと、レシートだった紙切れが、仔猫たちのプレイに加わって、もの凄い勢いでとんだりはねたりころがったり!
      そのうち仔猫たちがくたびれると、ボールのほうもくたびれて、もとの紙切れに戻ります。
      次は【笑ったり】の一例です。
      段ボール箱・紙袋・ショッピング袋の共通点と言えば穴ですが、穴と見るや仔猫たちは、しつこいくらいダイブを繰り返します。
      そのうち
      「ニャ〜ニャ〜ニャ〜」
      と、助けを呼ぶ声がして、
      「どうしたの?」
      …見るとビニール袋にグルグルに巻きつかれた仔猫ちゃん。
      持ち手(手さげ部分)のヒモ輪にまで頭を突っ込んだ結果です。
      そして【共感したり】の一例です。
      椅子・テーブル・棚・箪笥・カーテンの共通点と言えば犢發〞ですね。
      そんな犢發〞に囲まれて暮らす仔猫たちは、さながらアルプス登頂に命を賭ける登山家です。
      爪をピッケルにして、そりゃもう一生懸命になって、ひと山ひと山、制覇します。
      ちなみに最初の山は、私でした(涙)
      爪が刺さって痛かったです。それでも一生懸命よじ登って来るものですから、
      「イタ〜ッ…謝謝…ガンバッテ…」
      「イタタ〜ッ…ダンケ…ガンバッテ…」
      「イタタタ〜ッ…メルシー…ガンバッテ…」
      一生懸命な姿に打たれて、ママ猫サプリと応援したものです。


      さて、そんな仔猫たちが居ることで、ゴミの量が2倍ほどに増えて、ゴミの日の夜は、重労働の夜となりました。
      「ヨッコラショォ〜、サプリ行くよ!」
      「にゃ〜!」
      同伴は、ママ猫サプリの仕事です。
      夜道ですから、ついて来てくれるだけでも有り難いのです。ところが、
      「あんたは身軽でいいよね〜」
      「ニャ」
      「私だけ重いのはどうして?」
      「ニャ」
      「不公平じゃない?」
      「ニャ」

      …そこで、帰宅するや
      「ドアを開けて〜」
      と、せがみます。
      「疲れてチカラが出ないよ〜」
      と、甘えます。
      加えてヨロヨロッとヨロけたりも。
      そこでサプリは心を決めます。
      ドアのレバーハンドルを睨みながら、床を蹴ってジャンプします。
      一回目のジャンプ…開きません。
      二回目のジャンプ…開きません。
      「…ニャ…」
      つらそうに私の顔をうかがいますが、
      「ガンバッテ!」
      すがるように励ましてまた、ヨロけます。
      騙されているとも知らず、ジャンプを続けるサプリです。
      三回目…四回目…五回目…六回目…
      このあたりでようやく、ギ〜とドアが開いて、
      「ミャ〜ミャ〜ミャ〜」
      仔猫たちが駆け寄ります。
      母猫も仔猫も、も〜、…超かわいすぎ!


      聖父シローちゃん Vol.17(通算Vol.308)〜マイ スウィートライフ ウィズ キャッツ〜

      0

        十二月十二日、朝のことでした。
        目醒めれば猫… というのはいつもの風景ですが、この朝はちょっと様子が違いました。

         

        「サプリ?」
        「…………………ニャ」
        「サプリ!」

         

        黒くて細くてグッショリ濡れたものが、枕の横にコロ〜ン。


        「サプリ、あんた…」
        「………………………ニャ」

         

        要するに、ムー(前号で紹介済。サプリの初恋の野良ちゃん)との愛の結晶です。
        それにしても、
        「まさか、私の枕もとで産む?」
        と、とりあえずビックリ。
        毛布をめくるとコロコロッとさらに2コロの、計3コロです。


        3コロの様子が気になりながらも、まずはサプリのケアからでした。
        私の肩に深くカラダを預けたまま、ひどくグッタリしています。


        どれほどタイヘンな出産だったのでしょう…にもかかわらず私ときたら、そんなタイヘンの真横で爆睡してたなんて!
        「ひとりでよく頑張ったね。
        ごめんね、ごめんね…」


        すると横から、
        「ニャ〜」
        と、シローちゃんです。
        「あらシローちゃん…あんた、もしかして付き添ってくれてたの?」
        「ニャン」
        「よかった〜」
        …と、そんななりゆきから、私のセミWベッドはそのまんま、子育ての場となりました。

         

        ところが、そうして何日かたつと不思議なコトに気がつきました…ベッドが少しも汚れません。

         

        理由はシローちゃんでした。
        仔猫は自力で排便することが難しく、排便の介助が必要なのですが、そんな大変な役目をなんと、シローちゃんが引き受けていたのです。
        三匹のお尻を順繰りにナメ倒しては、ゴックンゴックンしていたのです。


        さらに何日かすると、またまた不思議なコトに気がつきました。
        仔猫たちの体毛の微妙なモフモフ感、そして気品ある顔つきは、気のせいかムーより、シローちゃんに似ています。

         

        「まさかシローちゃん、あなたがパパ?」
        「ニャン!」
        「でもあなた、まだ子供でしょ?」
        シロー少年に、突然降って湧いたパパ疑惑でした。


        となれば、ママのサプリはフタマタ疑惑です。
        「あんた、ムーと付き合ってたでしょ?」
        「…ニャ」
        しかも相手は未成年(こっちのほうが問題だったりして)。

         

        しかし、そんな疑惑などものともせず、慣れない子育てに、真っ向から取り組むふたりだったのです。


        サプリが立てば、サッとシローちゃんが交代します。そしてお乳を含ませます(出るもんかい)。
        聖母マリアならぬ聖父シローちゃん…崇高なまでのけなげさに、ウルッときます。

         

        仔猫たちはやがて目が開いて、ヨチヨチヨチヨチ歩きはじめました。
        そして、ぶつかったり転んだり落っこちたりしながら、冒険心と好奇心をいっぱいにして、それぞれの世界を広げています。

         

        でも、夜にはまた爐劼箸たまり〞になるのです。
        そんな爐劼箸たまり〞の横で(窮屈ですけど)、至福の眠りにつく私です。


        Dr.田原のおじゃまクリニック vol.17 (通刊vol.307)

        0

          手の若返り、アゴの脂肪溶解、ひどい肩凝りの解消etc.…けっこう色々やってますよ。

           

          実年齢より肉体年齢!ついに三十代突入

           

          G 先生、今年は何歳になられるんでしたっけ?
          田原 三十八歳。
          G ウソ。
          田原 ウソなもんかい、三十八いうとは肉体年齢たい。ずっと四十代やったとに、このあいだ計ったら三十代になっとったと。
          G ビックリですね。
          田原 ちょっと見とってんしゃい(腹筋ローラーを取り出すや猊┘灰〞および猯ちコロ〞を披露)。
          G 若い(拍手)!
          田原 猊┘灰〞やったら連続百回は軽いとよ。二十代でも、こげん出来る人はめったにおらん。
          G ていうか先生…神聖な診察室で、そんなことに励んでたんですか。
          田原 よかろうもん。見かけばいくら若こしてやっても、肝心のカラダが老け込んどったらいかんやろ。そのへんのアドバイスもしてやらな。
          G なるほど
          田原 あんたも猊┘灰〞くらい始めてみらんね。

           

          浮き出た血管が消えてプリプリの手に!

           

          G でもそれって、手とかスジばったりしませんか?
          田原 手のスジ…と言えば。
          G 何でしょう?
          田原 目の爐笋蠶召啓蟒〞で来とった人なんやけどね。二ヶ月くらいして今度は手ば見せに来たったい。「先生、コレは…どげんでしょ?」って。
          G 手が、スジばってた?
          田原 …どころやないと。血管がボコボコ浮き出とって、まさにホネカワスジエモンたい。血管の浮き出方が尋常やないっちゃもん。 
          G よほど信頼されたんですね。「どんなに難しくても田原先生なら綺麗にしてくれる!」って…で、その方の希望は、叶ったんでしょ?
          田原 うん。インジェクター(極細の針を持つヒアルロン酸注入器)でヒアルロン酸ば注入して、浮き出とった血管はぜんぜん目立たんごとしてプリップリにしてやった。
          G さぞ喜ばれたでしょうね。
          田原 その喜びかたがまた尋常やなかったと!看護師たちもビックリしよったもん。「二重になった!」「団子鼻がスッキリした!」「リフトで若返った!」って、抜糸のたんびに喜ばれてきたばってん比較にならんやったと。「これで、なあも気にせんで人前に手が出せるごとなった、うれしい、うれしい、うれしい…」て。
          G よほど辛い思いをされてたんですね…。
          田原 そうやったろうね。食事するでも何するでも、手は人前に出すところやけんね。ばってん、いっつも手袋しとくわけにはいかんやろが。

           

          アゴに脂肪がつき易い人にこんな朗報!


          G 手は大事です!
          田原 首もたい。タートルネックとかマフラーで隠せるにしても、着物とか着たらモロやし。
          G 問題は夏ですね。
          田原 やけん「首のリフトしてくだっさい」て言うてくる人が増えとうとよ。
          G やはり。
          田原 首ていうたら…アゴの下に脂肪のつきやすい人に朗報のあったったい!
          G アゴは首じゃないんですけど。
          田原 首と繋がっとうやろが。
          G そうですね。脂肪がつくと、もっと繋がっちゃいますね。
          田原 そげな人のために犹號値浪鮹躰〞ていうとがあったっちゃけどね、この注射が最近、ものすご良うなったと。
          G どのように?
          田原 昔んとは脂肪細胞が小さくなる程度やったけど、最近んとは脂肪自体を破壊して、完全に溶かしてしまうと。やけん再発せんと。


          肩凝りはボトックスで解消

           

          G 田原先生って犲蟒僂靴しない〞みたいな印象があるんですけど、けっこう色々やってくれるんですね。
          田原 やりようくさ。あっそう言えば犖凝り〞にも朗報があったったい。酷い肩凝りで悩みよう人はウエルカム!
          G 肩凝り?
          田原 肩凝り言うても「頭痛がする」「吐き気がする」「目が重たい」とか、それくらい辛い肩凝りたい。若い人からお年寄りまで、けっこう幅広く来とんしゃあよ。
          G あの…こちら、いつからマッサージサロンになったんですか?
          田原 マッサージやのうて爛椒肇奪ス注入〞たい。これがえらい良かとよ。うなじから肩まで広がっとう大きい筋肉のあろうが。僧帽筋ていうっちゃけど、肩凝りいうとはそこがガチガチになっとう状態たい。やけんどげん酷い肩凝りの人も、ボトックスば注入してやったら、コロっとラクになると。
          G でもボトックスって、半年で効果が切れるんでしょ?
          田原 そうたい。やけんその間に姿勢(肩凝りの主原因主と考えられる)ば矯正するごと、正しい姿勢とかも教えちゃりようと。
          G なるほど…コレで猜筋ローラー 診察室〞の謎が解けました。
          田原 うん。痛かったら、顔までブスくなるけんね。
          G なるほど…ソレで犖凝り治療in美容外科〞の謎も解けました。


          恋(声)の奇跡 Vol.16(通算Vol.307)〜マイ スウィートライフ ウィズ キャッツ〜

          0

            庭の銀杏の樹をタタタッとかけ登ると、ボコボコでユラユラの枝先から二階のバルコニーに向けて、ヒラ〜ッとジャンプ。
            「あらムーちゃん久しぶり。ごはんすぐ用意するから、ちょっと待ってて!」

            彼の名前はムー(夢)。
            ときどきこうして、命がけでごはんを食べに来る野良ちゃんです。

            「美味しかった?」
            「………………………」
            「元気だった?」
            「………………………」
            それにしても、こうしてゴハンをもらっているのにカケラ程の愛想もなく、寡黙で不遜な顔つきが、タダモノじゃないオーラを放ちます。

            ところが、ある晩のことでした。
            久しぶりに訪れたバルコニーではオトナになりかけた子猫たちが、組んずほぐれつのお祭り騒ぎです。
            そんな様子に気圧されてか、オジサン猫のムーはたじろいで、コソッと去ろうとしていました。

            ところが人生(猫生)、何が起こるかわかりません。
            そんなムーをトコトコ追いかけてスリスリスリスリ…とスリ寄ったのは、紅一点のサプリです。

            以前お話しましたようにサプリには、生まれつき声がありません。
            でも、話すことができない代わりに、ボディランゲージは得意なのです。

            それにしても、サプリの行為は大胆でした。小さな女のこが、自分の三倍もありそうなオジサン猫を、まさに体当たりで引き止めたのですから。

            私もビックリでしたが、もっとビックリはムーだったと思います。よけてもよけてもスリスリスリスリ…。

            よく見ると、サプリの目が♥です。
            「まさか…サプリ?」
            「…………………」
            そう、サプリの初恋…一目惚れだったのです。

            周囲の男のこたちも、ア然でした。
            皆んなそれなりにカッコいいし、もちろんサプリのことが大好きです。
            「そろそろ手術しなくちゃね…」
            と思い始めた矢先の出来事でした。

            それからというもの、
            「あっムーちゃん、今日も来てるんだ」
            「………………………………」
            もうほとんど、入リビタリ。

            やがて衆目の見守る中、恋愛成就とあいなったわけですが…その瞬間、
            「ギャン!」

            ものすごい悲鳴があがったのと同時に、なんと、巨漢ムーが一メートルほども弾き飛ばされておりました。
            そしてサプリは、プリップリに怒りながら、部屋に戻ってしまいました。

            私がホッとしたのは言うまでもありません。ところがドッコイ…。

            それからも、ムーは連チャンでやって来るし、プリップリに怒っていたはずのサプリの目は、あい変わらず♥ですし…
            にもかかわらず、
            「ギャン!」

            の悲鳴で、弾き飛ばします。

            そうしてムーの巨体をギャンギャンギャンギャン弾き飛ばしていくうちに、とっても目出たいことが起こりました。
            なんと、サプリに狎辞瓩生まれたのです。
            「声、出てるじゃん!」
            「ニャン!」
            こんな奇跡ってあるのでしょうか?

            ギャンギャンギャンギャン凄まじい悲鳴をあげ続けたことで、眠っていた声帯が刺激されて、動き始めたというわけでしょうか。いわゆる、ヴォイストレーニングっていうやつですね。

            先日、久しぶりにサプリを見た姪が、ビックリしてこう言いました。
            「あれえ〜サプリ声が出てるじゃん!どうして?どうして?ねっどうして?どうして?どうして?」
            「…ま、いろいろ…あってね…」

            とにかく、おかげでサプリは今、心の通い合う、とても楽しい話し相手です。


            Dr.田原のおじゃまクリニック vol.16 (通刊vol.306)

            0

              がんばる貴方がいてくれるから
              術後のダウンタイムフリー
              全力で目指しています。

               

              空港でストップ騒動

               

              G 韓国で美容整形を受けた中国の女性たちが、空港で足止めされるという騒動がありましたね。顔がアンパンマンみたいに腫れ上がってしまって、「本人確認できないから」って。
              田原 いかんねえ…。
              G その顔がネットで配信されて…極端な例でしょうけど、これでドン引いちゃった人、多いだろうな。
              田原 うん…術後にそげんなるとをダウンタイムて言うっちゃけどね…やっぱ腫れやらアザやら、そげんとに耐えないかん時間があるったい。
              G でも、田原先生の手術って、そういうの無いでしょ。

              田原 無いっちゃないと。それこそ全力で無いごとしようけんね、あってもムチャ軽いったい。

               

              ダウンタイムフリー

               

              G ダウンタイムフリー?
              田原 うん…ダウンタイムは手術につきものて思われようけど、俺は、思わんけん。患者さんにしたら手術中も手術後も、全部ひっくるめて手術やろが。
              G まさに。
              田原 丁寧に切って丁寧に縫う!時間はえらいかかるばってん、そげんしよったら、いくら切ろうがいくら縫おうが、術中も術後もスッキリたい。
              G でも効率、最悪ですね。
              田原 いいとよ。正月前とか盆休みは例外やけど、手術は一日一人、多ても二人て決めとうと。もうちょっと増やしてもよかろうばってん…手術しようていう人は、たいてい外でも頑張りよう人やろが。「翌日からでも仕事に出られるごと」てしよったら、やっぱこげんなるったい。
              G では、空港でストップはない?
              田原 あるもんかい!「空港でひっかかった」やら、聞いたことない。この前も札幌から来て鼻やら目やらリフトやらした人がおるっちゃけど、直ぐタイに飛んで、一週間後に帰国して、抜糸して帰りんしゃったし。
              G 綺麗になり過ぎて「本人確認できない」とかは?
              田原 いっつも言いようろうが、俺の手術はヴェリー・ナチュラル。「私、写真写り悪かけん」で済むと。

               

              鼻に絆創膏ベタッて?

               

              G 要は、効率度外視&チョー丁寧な手術ですね。
              田原 ま…丁寧だけやないけどね。毛細血管、神経、骨の形状、皮膚組織…そげんともしっかり解ってせんと。
              G たとえば?
              田原 鼻…インプラント(形成するカ所に挿入する素材)ば入れたら、上から絆創膏ばベタッと貼って、固定しとくとが普通なんやけど…。
              G ゲッ!鼻に絆創膏?
              田原 そんだけでもおかしかろ?
              G はい、引きこもります!
              田原 やけん俺は絶対せんと。固定やらしよったらかえって腫れるし。
              G でも、しなきゃズレるでしょ?
              田原 いいや。鼻の骨に、ピシャッと乗せたら、少々動いても直ぐ元に戻るもん。目と目の間がちょっと腫れた感じにはなるばってん、それも三日たい。

               

              抜糸までの糸の隠れ場所

               

              G 鼻と言えば…。
              田原 なんね。
              G 縫合の糸ですが…目鼻って、リフトみたいに髪に隠せないし…。
              田原 いいや。鼻は穴ん中から切っていくけん、糸も穴ん中に納まると。目の糸は二重に折込まれる。
              G ホッそうなんだ。なら、もうひとつ訊いていいですか?
              田原 どうぞ。
              G 近ごろなんと、リフトに関心を持つシニア男性が増えてるんですよ。
              田原 そうたい、今の六十代、七十代はバリバリやもん。見かけばチョット若こするだけで、えらい働きやすうなるけんね。
              G ところが悲しいかな、髪の長さが足りません。
              田原 いや、そげん気にならんっちゃないかいな。耳の横にちょっと絆創膏ば貼っとう程度やもん。「仕事ば続けたいけん」て、必要に迫られてするっちゃけん、堂々としとってよかろうが。
              G ですよね!
              田原 「必要に迫られる」て言うとなら目のタルミたい。目尻が下がって横と上が見えんで、情報視野が狭くなるけん危ないったい。
              G だから保険が効くんですね。でも先生のとこは効かない…残念だなあ。
              田原 効かんだけのことはあると!て。「チクリとも痛となかった」「いい感じに若こなった」て、よう紹介で来てくれるっちゃけん。

               

              神さま見てます

               

              G 紹介が多いですね。
              田原 うん。それこそ東京、大阪、金沢、北陸、北海道からでも連れて来てくれると。旅費もかかるとにね…なんも礼やらしよらんとにね…。
              G 「大事な人が元気になった!」。それだけで、充分報われてますよ。
              田原 ばってん紹介するて、ものすご責任があるとよ。失敗やらしたらその人が恨まれるとよ。
              G ドクター田原、失敗しないので!
              田原 ま…頑張りようつもりやけど、俺の力とか知れとうと。
              G ゴケンソ〜ン!
              田原 傲りたかぶったらいかんと。キチンと感謝しながら、キチンと仕事ばしよったらいいと。神様はちゃんと見とんしゃっちゃけん。


              Dr.田原のおじゃまクリニック vol.15 (通刊vol.305)

              0

                新しい人生は、思った時がスタートの時。そして、チャレンジです!

                 

                日野原先生が教えてくれたこと

                 

                G 今年も余すところわずかですね。
                田原 早かったねえ。
                G 良い年でした?
                田原 うん!
                G ですよね、今年は息子さんも帰って来られたし(田原隼先生 熊本大学医学部付属病院 整形外科より)。
                田原 ソレ、去年やろ。
                G 早ッ…トシとるはずかぁ…。
                田原 トシて言うたら…日野原先生(百五歳まで現役で活躍されたドクター)がついに逝ってしもた…。
                G 今年でしたよね、日野原先生の話で盛り上がったのって。
                田原 うん…まだまだ頑張ってくれるて思とったっちゃけどね。
                G おっしゃってましたね、「目標はドクター日野原!」って。
                田原 オレの憧れのドクターやったもん。生き方から何から何まで感銘受けてきたし…こうなったらもう…オレが頑張るしかないとかいな…?
                G ないでしょ。「百歳越えてもズ〜ッと現役!」なんて言ってる美容外科医、まずいませんから。

                 

                脳の元気の秘訣?


                田原 「人のためにどんだけ働けるか」が日野原先生やったけんね。ばってん人の役に立つことくらい幸せなことはないとよ。
                G 「ラクすることが幸せ」って普通は思いそうですが、実は…逆?
                田原 逆。弱るしボケるし…日野原先生は最期の最期まで、頭の回転も良かったし。
                G スバラシイ! 
                田原 ラクしよっても犹と歯茎〞だけは大事にせないかんよ。噛みよったら脳が刺激ば受けるけん。
                G なるほど、爛ムは脳にいい〞ってそういうことか。
                田原 それと倏惷擇个舛磴鵑反ばして歩く〞。脳はこの二つでも全然違う。

                 

                人生は後半が勝負!


                田原 なんかんらし、どげん長生きしても、生きとうだけやったら全然チャ〜ランと。最期まで楽しくカッコ良く生きな。それこそ「神様がひとりひとりに与えてくれた時間やけん、無駄使いせんできちっと使わな」たい。
                G 日野原語録ですね。
                田原 あと…「人生は後半が勝負!」。
                G 後半って、五十歳以降?
                田原 何歳でもよかとよ、「新しい人生が今からスタートする」て思うた時がその時たい。そげん思うだけで、けっこういい人生になるっちゃけん。
                G 思うだけでなるんですか?
                田原 なると、人生は気持ち次第やもんね。どげん悔やんでも過去は変えられんやろが。それば教訓にして新しいことにどんどんチャレンジせな。
                G たとえば「田原先生のリフトにチャレンジして、若返ろう!」とか?
                田原 そうたい、うちに来よんしゃあ人はけっこうそげな感じやね。「おかげで新しい人生が始まって楽しくなりました」て、よう言われる。
                G 見かけとリンクしてますからね。
                田原 リフトばキッカケに、第二の人生、第三の人生がスタートすると。
                G 第三もあったんですか?
                田原 まかしとかんね。

                 

                ナゼ腫れない?


                G 申し上げにくいんですが…田原先生の若返りって、けっこうハードル高いみたいですよ。なにしろ犲蟒〞ですから。
                田原 …おう。
                G 「術後は包帯でグルグル巻きにされる」って思われてたり。
                田原 …映画やら観よったら、そげんとがよう出てくるもんね。
                G 「痛いだろうなあ…」って。
                田原 痛とないと。むしろ「気持ちよかった〜」って言われようと。
                G 「傷が治るまで一ヶ月くらい人に会えない」とか。
                田原 なんがね、家族にも気付かれんとに。腫れも無いし、手術直後から、ものすご自然やし。
                G 「長く仕事が休めない」とか。
                田原 翌日から仕事しよう人も多かとよ。抜糸(一週間後)まで細いテープば貼っとくっちゃけど、髪に隠れてしまうもん。

                G そこが皆さん不思議なとこなんですよ。「注射一本でもアザになったりするのに、イッパイ切られて縫われて、腫れないのはどうして?」って。
                田原 皮膚に負担ばかけんごとシッカリ時間ばかけて、チョ〜絶丁寧にしようけんたい。「えっもう打ったとですか?」て、麻酔注射の時からビックリされよっちゃけん。

                 

                メッチャ高いとが一つ


                G あとは手術料かな、ハードルは。
                田原 そげんなかっちゃけどね…ワイドショーやらで「ナン百万円かけました」やら、よう言いようけんかいな。
                G まっ、保険は効きませんけど。
                田原 うちは完全自由診療やけんね。ばってん【眼瞼下垂(※加齢により垂れた瞼が視界を狭め事故等の原因等に)】やらも「保険でしてもらったけど満足いかんやったけん」てよう来んしゃあよ。無駄足踏まんでまっすぐ来てくれたら、かえって安うつくとばい。
                G 体験しなきゃ解りませ〜ん。
                田原 やけん、カウンセリング(無料)
                だけでもチャレンジたい。
                G とにかく、チャレンジ!
                田原 あ…思い出した。
                G 何を?
                田原 メッチャ高いとが、一つあった。
                G  エ〜ッ、何ですかソレは?
                田原 コスパたい(コストパフォーマンス:費用対効果。費用に対して得られる満足度の割合)。


                家 族 が 増 え た こんないきさつ Vol.15(通算Vol.306)〜マイ スウィートライフ ウィズ キャッツ〜

                0

                  近隣で子猫たちがチョロチョロし始めたのは、昨年の夏のことでした。
                  ママ猫のシツケが行き届いてか、ヒトへの警戒心はバッチリです。
                  「おいで〜」
                  と手招きした途端サッと姿を隠す、そしてまた現れるの繰り返しで、
                  「この頃、見かけないな…」
                  と案じていたら、
                  「ぎゃっ!」
                  庭の片隅で一匹の子猫が、力尽きていたのです…餓死でした。
                  「あとの二匹はどうしてるんだろう…」
                  玄関先に猫フードを常備するようになったのには、そんな悲しいイキサツがあったのです。
                  手作りの猫小屋を設置して、古いセーターを敷き詰めました。
                  二匹はそこで、身を寄せ合うようになりました。
                  それでも私が手をのばすと、身に付いた習性か、慌てて姿を隠すのでした。


                  ひと月ほど経つと、二匹が三匹になっていました。
                  びっくりしたのは新顔クンの痩せっぷりです。
                  「よく頑張って、辿り着いたね…」
                  「…ニャ…」
                  餓死寸前。危ないところだったのです。
                  さらに半月ほど経つと、三匹が四匹になっていました。これまた激痩せのボロボロです。
                  こんな幼いこどもたちが、いったい、どれだけのタイヘンを乗り越えてきたんだろう…(涙)
                  「よく頑張ったね、よく辿り着いたね…」
                  「にゃ…」
                  我が家の玄関先は、さながら子猫たちの難民キャンプのようでした。
                  やがて子猫たちから、警戒心が消えていきました。
                  「ただいま〜」
                  と帰宅するや猫小屋から。
                  「アニャ〜!」
                  と一斉に飛び出し、勢揃いして迎えてくれるようになりました。
                  ゴハンをくれる人だから、

                  ﹁アニャ〜︵ゴハン帰って来た!︶﹂
                  ってとこでしょうけど…実は、それだけではなかったのです。
                  話はここでゴミに飛びます。
                  地域指定のゴミ収集所は、家から数十メートルの所に存在します。
                  人通りも街灯も無い、ほぼマックラな旧アゼ道です。

                  私はその旧アゼ道を、大きなゴミ袋をぶら下げて週に二回は往復しています。
                  ハッキリ言って、苦行です。
                  ところがある夜のことでした。ゴミ袋を下げて門扉を出た私を、
                  「ニャッ︵それ行け〜っ!︶」
                  っと、四匹揃って追いかけてきたのです。
                  時に小走りに、時にジャレあいモツレ合いながら、ものすごく楽しそうにくっついてきたのです。
                  ゴミ収集所の先はイキナリ交通量の激しい大通りですから、猫たちがそのまま飛び出しやしないかと心配でしたが、不思議にもそれはありません。
                  私がゴミを置くと一斉に方向転換し、そしてまた小走りに、時にジャレあい、モツレあいながら、暗がりの先にある我が家へと、さも楽しそうに歩くのです。
                  つられて私も、楽しくなりました。
                  星空の下、一人と四匹の行進はかなりメルヘンです。
                  門扉を閉めると、暗がりの中で点呼です。
                  「一匹…(にゃ!)二匹…(ニャ)三匹…(ニャッ)四匹…(みゃ!)」
                  キッチリ揃ってるじゃないですか。
                  思えば私はずっと、こんなメルヘンの中で暮らしてきたような気がします。
                  そして冬が訪れました。
                  ゴミ捨てツアーから帰宅するや、

                  「遠慮しないで、どうぞ、入って!」
                  玄関ドアをパアッと、開け放ちました。
                  すると、互いに顔を見合わせたりしながら、ゾロゾロゾロゾロ…。
                  保護完了、いよいよ里親探しです。
                  そうして年が明けた一月一日。シルクちゃんが夢枕に立って、こう言いました。
                  「その子たち、僕の子だからね」
                  つまり、皆〜んなうちのこだと(笑)
                  メルヘン・スピリチュアル・リアルライフ…
                  猫たちってほんと、オモシロスギ。


                  サプリの声は  風の音 Vol.14(通算Vol.305)〜マイ スウィートライフ ウィズ キャッツ〜

                  0

                    サプリは、男の子たちばかりの我が家における紅一点です。
                    きょうだいより私とツルみたがります。
                    たぶん、同性のよしみでしょう。

                    デスクワークの時はヒザに乗ってきます。
                    けっこう重いんですよ。
                    ガマンできなくなります。

                    「どいて」
                    「………」
                    「降りて」
                    「………」


                    「降りないなら降ろす!」
                    「………」

                    それで、
                    「ヨッコラショイッ」
                    と抱き上げて、ポ〜ンと放り投げるんですけど、スグ戻って来るんです。
                    猫ブーメランです。

                    立ち上がると、これまたピタリくっついてきます。行き先がトイレでもくっついてきます。
                    なにがそんなにうれしいのか、弾けるようにくっついてきます。

                    狙いは、そこでもヒザ乗りです。
                    「ムリ!」
                    「………」
                    「ダメ〜ッ!」
                    「………」
                    かなりシビヤな攻防戦ですが、水音の爛献磧辞瓩妊ルッと向きを変えてドアへと突進…一歩先を読んでます。

                    さて、そんなある日のことでした。
                    「ナニこの臭い?」
                    発臭元はなんとシャワールーム。
                    排水口を見ると茶塊がボトッ…猫ウンコでした。

                    「クサイ、キタナイ、バカ猫…」
                    ブツブツ言いながら洗浄を終えたところで目がテンになりました。
                    あらんことか、待ってましたとばかりに排水口に歩み寄るや悪びれることもなく腰を落として、ジョ〜。

                    「サプリ!」
                    「…………」
                    「ダメでしょ!」
                    「…………」
                    「バカ猫サプリ!」
                    「…………」

                    なおも呆れたことにサプリの爛献〜瓩蓮▲轡礇錙璽襦璽爐砲箸匹泙蕕此部屋の
                    〈手洗い鉢(写真上)〉にまで及ぶようになったのです。

                    それで、やっと気がつきました。サプリは私とツルみながら学んでいたのです。
                    砂の中に埋めるより水で流したほうがスッキリするという、当たり前の事実を学習したのです。
                    そしてなんと、応用したのです!
                    …バカ猫は撤回です。

                    サプリはもちろん、バスルームにもくっついて来ます。
                    たださすがにお湯は苦手のようで、タブのヘリをグルグルしながら、猫タッチと頭突きを繰り返します。

                    「落ちるよ〜」
                    「…」
                    「気をつけなさ〜い」
                    「……」
                    ちょっとハラハラです。

                    そんなある日のこと、ついにボッチャ〜ン。
                    「ヒューン!」
                    「ほ〜ら、言わんこっちゃないでしょ!」
                    「ヒュ〜ン!ヒュ〜ン!ヒュ〜ン!」

                    …サプリには声がありません。でもボッチャ〜ンのショック以来、風が吹くようになりました。

                    たとえば、仕事を終えて帰宅して見上げた我が家から、
                    「ヒュー」
                    かすかな風音が聞こえます。バルコニーからサプリが身を乗り出して、、
                    「ヒュー〜ヒュー〜ヒュー〜」
                    「ただいま〜」
                    「ヒュー…ヒュー…ヒュー…ヒュー」

                    こんな光景を誰かが見たら、夜空にヒトリゴト言ってるアブナイヒト?

                    ところで名前には、つけた人の願いが織り込まれたりするものですが、
                    「私に足りないものを、シッカリ補ってくれる猫にな〜れ!」
                    …というわけで、効果効能がとっても楽しみなサプリなのです。


                    Dr.田原のおじゃまクリニック vol.14 (通刊vol.304)

                    0

                      「小さい頃のお母さんになった!」これはリフト手術直後の母親に娘さんがかけた言葉です。

                       

                      努力次第でどげんでも

                       

                      G 暑いですねえ。
                      田原 おうっ、元気やったね。
                      G ハイ…しかし先生っていつも、ほんと、ムッチャ明るいですよね。
                      田原 ハハッ、そうね。
                      G おかげで「会うたび元気注入!」みたいなオトク感があるっていうか…でも、どうしたらそんなふうになれるんですか。
                      田原 うん…暗い人ていうとはたいてい過去ば引きずっとうもんね。やけん断ち切ればいいとよ。先は自分の努力次第で、どげんでもなるっちゃけん。

                       

                      美容外科への不信感
                       

                      G どげんでも?
                      田原 なると。そげな人はい〜っぱい見てきたもん。
                      G たとえば?
                      田原 そうやね…たとえば「六月に結婚するごとなったけん結婚式までに肌をキレイにしたい」て、お母さんと二人で来たこがおったったい。
                      G アラ、普通そういうのって、エステに行くでしょ?
                      田原 いや、五〜六年前かいな、短大卒業の時にいっぺん目ばしたとよ。それも酷いことになっとった目やったと。
                      G やり直し手術?
                      田原 うん、そげんなる前に埋没ば2回くらいして、「イカンやったけん」て切開でしたら、二重の幅だけガッツリ広うなって、ねぶりかぶったごと目になったったい。
                      G 眠そうな目に?
                      田原 そげんたい。狷鷭鼎亶うし過ぎると肝心の目の開きが小そ見える瓩討いΔ箸發△辰燭辰舛磴韻鼻二重ラインからマツゲラインまでが、ボテッてなっとっちゃもん。
                      G 原因は?
                      田原 【眼輪筋】いうて、目ば閉じる筋肉の処理の仕方が拙かったと。
                      G 手術ミス?
                      田原 うん…医者が、目の手術に慣れとらんかったっちゃろ。
                      G ひどい…暗くなって当たり前!
                      田原 やけん「俺の話ば聞いたけん」て相談に来たちゃけど、俺にも、ものすご不信感持っとったもんね。手術するたんびにおかしくなったっちゃけん仕方なかっちゃけど。
                      G で、そんな過去を、バッサリと…。
                      田原 うん、断ち切ったと。二重の幅ば狭もして自然な膨らみに直して、眼輪筋もきっちり処理した。
                      G 明るくなったんですね?
                      田原 うん、ものすご喜んでくれた。手術直後から腫れも無かったし、自然やったし。

                       

                      田原でブライダルエステ?


                      G なるほど、それで結婚にかこつけて来てくれたんだ。
                      田原 そげんたい。結婚の報告がてらみたいなかんじやったけど、「肌、なんとかなりませんか?」ていう話になったけん爛侫トフェイシャル瓩亟めたったい。一回しただけでもスベスベになるけんね。「なんやったら式まで間が無いけん、今日からしていき、三回は出来るけん(※月一回ペースの施術)」て言うたったい。そしたら「する!」て言うけん、お母さんは待合室で待っとかないかんごとなったとよ。G ヨカッタヨカッタ。
                      田原 本番はここからたい。待っとううちに「私もカウンセリングしてもらっていいですか?」て言い出したと。
                      G エ〜ッ!

                       

                      二人でハグしてヨカッタネ


                      田原 うちの待ち合い室いうたら、週刊誌やらと一緒にガリヤの記事も置いとっちゃけど、それば読みよってリフトに興味ば持ったらしい。
                      G ガ…ガリヤがお役に立ったのですか?
                      田原 うん。娘が「二重にしたい」ていうとでも反対しよったごた人たい。それが「リフトに凄く興味を持ったけん」て。
                      G そして、そして、そして?
                      田原 ちょっと弛んどったけん、鏡ば見せながら手で引っぱり上げて「こげんなるよ、よかろ?」て言うたら「いいですね〜こげんなれたら」って。
                      G それってアナログ過ぎません?鏡さえあればスグやれちゃうでしょ。
                      田原 アナログでよかとよ。CGもしよったばってん、結局これが一番わかりやすいっちゃもん。俺の場合、手で引っぱり上げた通りにするし。
                      G なるほど。
                      田原 あと「腫れんか?」とか「痛とないか?」とか色々聞かれるけんいつもの調子で説明したっちゃけど、「それやったら私も結婚式前にする」て、その日のうちに予約とって一週間くらい経って手術した。
                      G エ〜ッ!
                      田原 今度は娘さんが待合室で待とったっちゃけどね。手術が終ってお母さんが降りてきた時、、どげん言うたと思う?
                      G どげん、どげん、どげん?
                      田原 こげん言うたと…「私が小さい頃のお母さんになった!」て。
                      G ウルッ…胸を打つコピーですね。
                      田原 お母さんともよかったよ。「母じゃなくて姉妹で通りますね」って。
                      G 通ります。  
                      田原 二人で「ヨカッタねえヨカッタねえ」て、ハグし合って喜びよった。
                      G ところで…お父さんのほうも気になるんですが。
                      田原 ものすご喜んでくれとうらしい。自然やけん、文句の言いようが無いと。

                       

                      明るさの理由


                      G これで解りました。先生の明るさって、こうしたハッピーシーンをいっぱい見てるからなんだ。
                      田原 そげんたい。有り難いことに、喜んでくれる患者さんばっかりやもん。「幸せになって欲しい」て思ってしよったばってん、よっぽど俺のほうが幸せにしてもらいよったと。


                      | 1/10PAGES | >>